気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


蕁麻疹ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

蕁麻疹ってどんな症状?特徴は?

突然発疹する蕁麻疹には驚きます。 いったい何が原因なの? 今回は、蕁麻疹がでる原因・症状・治療方法についつ調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

蕁麻疹とは?

蕁麻疹はとても日常的な疾患で、軽いものも含めると5割以上の人が一生のうちに1度は経験するといわれます。

原因は食べ物、薬剤、温度変化、ストレス、日光、その他ウィルスによるものまで多岐に渡りますが、原因不明のものが、実際多いようです。
重症の蕁麻疹の場合、口の中も腫れあがって呼吸困難になったり、血圧が急に上がって意識を失うこともあります。
このような場合は緊急で受診することが必要です。
温度変化で現れる蕁麻疹には、冷たい水を触ったときなどに出る寒冷蕁麻疹、逆に暖かいものに触れたている温熱蕁麻疹があります。

慢性蕁麻疹の原因はほとんどが非アレルギー性と考えられています。
野菜、果物、薬剤、ゴム製品、金属なども原因となります。
これは特殊なタイプとして原因物質が皮膚から吸収されて症状が起こる接触蕁麻疹です。

蕁麻疹の症状は?

蕁麻疹は、虫さされのような膨らんだ赤い発疹が急に現れ、かゆみを伴います。
かくとみみず腫れのように広がる傾向があります。
発疹は半日以上そのままでとどまる事はなく、数時間以内に移動したり消えたりする、というのが蕁麻疹の特徴です。
出たり消えたりをくり返すことがありますが、数日以内に治ってでなくなるものを急性蕁麻疹といいます。
一方、1ヵ月以上にわたって反復する者を慢性蕁麻疹といいます。

ぶつぶつや水ぶくれ、かさぶたができ
たり、かさかさになったりとさまざまな皮膚の変化が集まっている状態で痒みを伴います。

蕁麻疹を誘発もしくは悪化させやすい
甲殻類、乳製品、卵類、肉類はハムやソーセージの加工品、野菜類では山菜、キノコ類、香辛料など、これらによる蕁麻疹は、アレルギーばかりとは限らず、体調が悪い時に食べたり、また鮮度の悪い状態でこれらを食べると、誰でも蕁麻疹を起こす可能性があります。
急にひどい蕁麻疹が出た場合、直前にこれらの食物を摂取していなかったか考えてみましょう。

蕁麻疹の治療法や対処法は?

蕁麻疹の治療は、抗アレルギー剤の内服が中心になります。
慢性型の場合は数年にわたって内服する必要が出てくる場合もあります。
眠気などの副作用の少ない薬がいろいろ開発されていますので、医師と相談しながら自分に合ったものを見つけて、気長に続けることが大切です。

慢性蕁麻疹は疲れやストレスで悪化するので、生活改善も大切です。

漢方治療も効果的な場合があります。
急性の強いかゆみには、黄蓮解毒湯、慢性的な蕁麻疹には十味敗毒湯、魚を食べて出た蕁麻疹には香蘇散などを用います。
実際にはその人の体質によって処方は異なってきます。
ここに挙げたのは代表的なものです。

なかなか治らないと、どこか内臓が悪いのではないかと心配になる人もいるようです。
内臓疾患に関連して現れる蕁麻疹も、稀ですが存在します。
肝炎などが蕁麻疹を起こすこともあります。
頻度としては低いので誰もが心配する必要はありませんが場合によっては内臓の検査を行うこともあります。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状