気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


胃潰瘍ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

胃潰瘍ってどんな症状?特徴は?

ストレス社会の多い社会。胃が痛くなったりすることってありますよね。胃潰瘍は、主にストレスによって引き起こされてしまいます。今回は、胃潰瘍の原因と症状、治療法についてまとめました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃潰瘍とは?

胃の働きは、口から食べたものを消化する作用があります。
口から入ってきた食べ物は胃酸によって消化されます。
しかし、強いストレスや胃の働きを支配している自律神経の乱れによって胃酸が過剰に分泌されてしまうようになります。

また、痛み止めとしてバファリンを頻回に内服してしまうと、この痛み止めはこの薬を一生懸命消化しようと頑張ってしまいます。
それがかなり強い負担を胃にかけてしまいますので胃の粘膜が傷つき、そこから潰瘍ができてしまうことがあります。
一番多い原因は、痛み止めの内服を多くしてしまったために胃潰瘍は引き起こされてしまいます。
胃潰瘍は完治することもありますが、ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけ、再発してしまう危険性があります。

他にも、喫煙、飲酒、胃に負担がかかるような刺激物も原因であるといわれています。

胃潰瘍の症状は?

症状としては、胃の痛みがあげられます。
胃の中の粘膜が障害されることで、痛みが起こります。
胃の粘膜が傷ついてしまうと、胃を形成している組織まで穴が開いてしまいそこから出血が起こってしまいます。
出血が起こると胃酸の成分と血液が化学反応を起こして黒~茶色の嘔吐物が出てきてしまいます。
また、そのまま腸をとおり、便として排泄されるときは黒い粘着性のある便が出てくることもあります。

胃からの出血により、貧血も起こります。
他にも、胃もたれが感じられる、胃の不快感が強く吐き気を伴うこともありますが、食べ物が食べられない状態になってしまうので体重も減ってしまいます。
もし、胃潰瘍が進行してしまった場合には、腹膜炎という、胃の外にある腹膜という臓器をおおっている膜にも炎症が広がり、腹部全体に痛みが強く出てしまうこと危険性があります。

胃潰瘍の治療法や対処法は?

基本的には、過剰に分泌された胃酸を抑える薬と、胃の粘膜を保護する薬を投与することによって症状が改善します。
大体は、症状がなくなっても飲み続けることによって再発を防ぐことができます。
また、胃潰瘍が起こってしまった場所はとても敏感なので、刺激物の多い食品や、食べすぎには注意する必要があります。
消化にいいものを食べたり、規則正しい食事、食事はゆっくりと食べ、しっかり嚙むことにしましょう。
空腹の状態だと、胃酸が分泌されたときに消化されるものがないため、胃壁を溶かしてしまうのです。

深く胃の粘膜が傷つき、穴が開いてしまうほどになった場合は内視鏡を使った手術が必要になる可能性もあります。

また、ピロリ菌が原因の場合は、そのままにしてしまうと胃の粘膜を攻撃し続けてしまいますので、ピロリ菌を死滅させるために専用の薬を飲んで治療する必要があります。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状