気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


副鼻腔炎ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

副鼻腔炎ってどんな症状?特徴は?

副鼻腔炎という病気があります。 一見すると、風邪と同じような症状になりますが、慢性化すると集中力の低下など、日常生活にも影響を及ぼすようになります。 以下では副鼻腔炎という病気について述べていきます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

副鼻腔炎とは?

副鼻腔とは鼻の周りにある骨の部分である副鼻腔という空洞となっている箇所が炎症を起こした結果発生する病気です。

副鼻腔炎という病気は2つに分類することができます。

それが「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」です。

細菌やウイルス感染などにより炎症が発生するものを急性副鼻腔炎とよんでいます。

この症状は風邪やインフルエンザなどの細菌感染がもとになって引き起こされる症状になります。

これに対して慢性副鼻腔炎という症状もあります。

慢性副鼻腔炎という症状は急性副鼻腔炎の炎症が慢性化したために引き起こされる症状であると考えられています。

また、急性副鼻腔炎の慢性化が原因ではなく、そもそもの鼻の構造が問題になっている場合もあります。

鼻が極端に曲がっているなどの原因から鼻の通りが悪くなり、それが慢性副鼻腔炎を引き起こすこともあります。

副鼻腔炎の症状は?

急性副鼻腔炎では、濃い鼻水が出たり、発熱したりといった症状を引き起こす事になります。

また、頭痛や顔面痛といった痛みを伴う症状が出ることもあります。

ごくまれにですが、この急性副鼻腔炎によってめまいがするといったような視覚障害が発生することもあります。

視覚障害まで発生した場合はかなり深刻な状態であると考えられるので、一刻も早く病院を受診するようにしましょう。

慢性副鼻腔炎で引き起こされる症状には鼻づまり、いびき、嗅覚の低下など様々なものがあります。

また、鼻が詰まっていることにより、口から空気を取り入れる口呼吸が多くなる結果として、のどの炎症を引き起こす原因になることもあります。

そして、鼻が詰まってしまうことにより夜中にしっかりと睡眠をとることが出来ないという可能性があります。

この結果、常に睡眠不足の状態になってしまい、集中力の低下といったような症状に悩まされることがあります。

副鼻腔炎の治療法や対処法は?

急性副鼻腔炎の治療は原則的には抗生物質を投与することで進めていきます。

インフルエンザにかかった場合や風邪をひいた場合と同様の形で治療を進めていきます。
基本的には抗生物質が効果を発揮すると症状は治まるはずです。

しかし、慢性副鼻腔炎の場合は抗生物質で症状が治まらなかった場合には外科手術のような方法をとることも想定する必要があります。

慢性副鼻腔炎についてはひと昔前までは治らないといわれていた病気でもありました。

ただ、現在では慢性副鼻腔炎の症状を治療するのに効果的な抗生物質も開発されています。

しかし、極端に鼻の形が曲がっているといったような鼻腔の構造上の問題で慢性副鼻腔炎が発生していると考えられる場合にはない内視鏡手術などを行って、鼻の通りを良くしてやる必要が出てきます。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状