気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


腹痛/下痢ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

腹痛/下痢ってどんな症状?特徴は?

おなかが痛くなることってよくありますよね。それとセットで考えなければいけないのが下痢。腹痛と下痢の症状をよく知っておきましょう。おなかが痛くなったとき冷静な対処をすることができます。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

腹痛/下痢とは?

腹痛とはおなかが痛くなることをいいます。腹痛といっても一口にまとめることができません。様々な原因があります。

普通には大きく分けて二つあります。体性痛と内蔵痛の2種類の腹痛があります。体性痛は限られた範囲に生じる強い痛みを感じる腹痛です。かなりの痛みを感じるので、立っていられなくなるほどと言われています。 腹膜などの炎症によって起こるものです。

もう一つは内蔵痛です。食中毒になったりして、腸が経験して起こる腹痛だといわれています。内臓に問題があるため、どのような原因に腹痛が起こったのかを冷静に判断する必要があります。

体性痛なのか内蔵痛なのかを判断することで、腹痛の原因がはっきりしやすくなります。自分の行動を冷静に判断して、体性痛なのか内蔵痛なのかを判断することが大事です。

下痢は通常時の便と比較してやわらかくなっていることをいいます。これも腹痛の場合と同様に、同じ原因ということはできません。中には食中毒や、精神的ストレスによって引き起こされるものもあります。

腹痛/下痢の症状は?

腹痛の症状はとにかくお腹が痛くなることです。下痢の場合も腹痛の症状に併発して起こります。下腹部が痛くなって立っていられなくなったり、冷や汗が出てきます。食欲不振や嘔吐の症状を示すこともあります。

腹痛の結果、下痢になってしまうこともあります。トイレに行ってみて便を見てみると、普段よりもやわらかかったり、ひどい時には液体状になっていることがあります。これが下痢の症状です。

一時的な下痢もあります。このような下痢の場合には、すぐに治ってしまうことが多いです。精神的なストレスを感じた場合には、一時的に腹痛が起こって、下痢になることも日常生活でよく見られる現象です。

下痢の症状が何日も続いた場合には、体重が減少したり顔色が悪くなったり、と重大な症状が考えられます。体中の水分が抜けていってしまうので、脱水症状になるおそれもあります。早めに病院にかかることによって、医師の診断を受けることが大事です。

腹痛/下痢の治療法や対処法は?

腹痛や下痢の治療について、自分なりの行動を振り返ってみる必要があります。たとえ医者であっても、すべてを理解しているわけではありません。

例えば精神的なストレスで、急に腹痛や下痢になってしまった場合には、精神的なストレスを解消することで、腹痛や下痢は収まってしまいます。

何日も腹痛や下痢が続いているという場合には、内臓に問題があったり、小腸や大腸にがんが発生していることも考えられます。この場合には、しっかりとした検査をして、腹痛や下痢の原因を突き止めなければいけません。

食中毒の場合には、早めに病院に行くしか方法はありません。体中の水分が失われてしまうので、脱水症状を起こしかねません。早めに病院にかかることによって、内服薬の治療を受けたり、点滴治療を受けることが大事です。

あまりに腹痛や下痢の症状が長く続いた場合には、早めに医師の診断を受けて、治療することが大事です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状