気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


風邪ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

風邪ってどんな症状?特徴は?

「体調が悪い」ということを伝えると、もっとも多い返答が「風邪ひいた?」というものではないでしょうか? 病気の中でも最もメジャーなものが風邪です。 今回は風邪のメカニズムについて解説します。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

風邪とは?

風邪の原因はウイルスや細菌が体の中に入ってきたことです。

ウイルスや細菌が体の中に侵入してしまったことにより風邪の症状は引き起こされてしまいます。

ウイルスや細菌が体の中に侵入すると、体を守るための免疫機能というものが働き始めます。

自分の体のものではない異物を攻撃することによって、排除しようとするのが免疫機能の働きになります。

風邪によって引き起こされる症状はすべてこの免疫機能が異物であるウイルスや細菌に対しての攻撃を行っていることが原因となって発生している症状になります。

体の状態が弱っている時、つまり必要な栄養素が不足している、睡眠不足の状態になっている、疲労がたまっているなどの状態になっている時、風邪をひきやすくなります。

体自身が持っているウイルスや細菌に対抗する力が弱ってしまっているためです。

体が弱っていることが根本的な風邪の原因になります。

風邪の症状は?

風邪をひくと最初はのどの痛みや鼻水が出るといったような症状が出てきます。

この症状が悪化すると熱が出てくるという状態が引き起こされることになります。

また、風邪は万病のもとという言葉もあります。

この風邪をこじらせてしまうと風邪よりもはるかに重い症状になってしまうことがあります。

例えば肺炎です。

風邪のウイルスや細菌が肺まで達することで肺炎という症状が発生することになります。

また、風邪から引き起こされることが多いのが気管支炎になります。

これも気管支にウイルスや細菌が入ることで咳が出るなどの症状が現れることになります。

また、風邪のウイルスや細菌が腸に達してしまった場合には胃腸炎といったような症状になり、腹痛や下痢が止まらずに苦しむことになります。

このように、風邪は油断するとさまざまな病気の入り口になってしまいます。

風邪の治療法や対処法は?

風邪にはその薬を飲むだけで治るといったような特効薬はないといわれています。

風邪の治療は体の免疫力に頼るしかありません。

ゆっくり睡眠をとったり、栄養のある食事をとったり、部屋を暖かくするといったような体の免疫力を高めるための対策をとります。

滋養効果のある漢方といったようなものを摂るのも良いでしょう。

このような対策をとって、体の免疫機能がウイルスや細菌を排除するのを待つことになります。

基本的には風邪の症状を抑えるのはよくないとされていますが、学校や仕事での活動に支障がある場合には熱を冷ます、頭痛を抑える、鼻水を抑えるなどの風邪の症状を抑える薬を飲んで対処していきます。

そのように風邪の症状に対しては対処療法的にそれぞれの症状を個別に抑える治療を取りながら、根本的な風邪の治癒は体の免疫機能の働きに任せていくことになります。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状