気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


結膜炎ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

結膜炎ってどんな症状?特徴は?

結膜に起こる、知っておきたい目の病気です。 結膜炎になってしまったときの、気になる目の症状・原因・治療法について調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

結膜炎とは?

結膜とは眼球表面の透明な膜のことです。
眼球結膜(球結膜)は、白眼が透けて見える部分です。
まぶたの内側の眼瞼結膜(瞼結膜)は黄赤色に見える部分です。
ゴミや病原体の侵入を防いでくれていますが、炎症を起こすものを結膜炎といいます。

結膜炎の原因はさまざまで、大きく分けると、細菌感染、ウイルス感染、アレルギー(花粉症など)など3つにわけられます。

細菌性結膜炎の感染する細菌は身のまわりに多く、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などで感染力も強くありません。

ウイルス性結膜炎は、はやり目と呼ばれ流行性角結膜炎のことです。
感染力の強いアデノウィルス8型が原因であることが、もっとも多いようです。

アレルギー性結膜炎は、抗体と呼ばれる原因物質が結膜に入り、充血やかゆみなどを起こす病気です。

結膜炎の症状は?

結膜炎の一般的な症状は、充血、目やに、流涙、かゆみ、ゴロゴロ異物感などがあります。

細菌性結膜炎の症状は、かゆみは少なく充血と黄色い膿のような目やにが出ます。

ウイルス性結膜炎の症状は、目やにがべっとりつき、まぶたの腫れや充血、目が痛い、涙目、耳の下にある耳前リンパ節にしこりが生じます。
角膜炎を併発したなら目がかすんでしまいます。
軽いうちに治さないと、痛みだけでなく、視力にも悪影響を及ぼします。

アレルギー性結膜炎は、アレルギーの刺激のせいで、充血やかゆみがとても強いのが特徴で、まぶたの腫れがあります。
樹木や花の花粉が原因の季節性のものと、ダニやカビなどのハウスダストで起こる通年性のものにわけられ、症状は個人により差があります。
コンタクトレンズによるものや、点眼薬に含まれる防腐剤のアレルギーにも反応する人がいます。

結膜炎の治療法や対処法は?

細菌性結膜炎の治療法は、自然に治ることが多いです。
治りが良くないときは、眼科を受診して、抗生物質の点眼薬を使用すると数日で治ります。
長引くときは、再度受診して細菌の種類を調べましょう。

ウイルス性結膜炎の治療法は、直接効く薬は無く、他の病気の合併をふせぐ、充血や腫れを抑えるために抗生物質などを用いてます。
ウイルス性結膜炎の感染力はかなり強いので、目やにや涙からもすぐに感染します。
そのため、学校や仕事を休み、安静にします。
患部の目に触らない、手は石けんで洗う、タオルは家族とは別にするなど、注意が必要です。

アレルギー性結膜炎の治療法は、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン、副腎皮質ステロイド薬などの点眼薬、内服薬を用います。
マスク、ゴーグルで予防します。
ダニ、カビなどハウスダストは掃除と換気に注意しましょう。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状