気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


アルコール依存症ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

アルコール依存症ってどんな症状?特徴は?

何かと話題になっているアルコール依存症。お酒を飲む人も増えてきて、アルコール依存症になりやすい状況が出来上がっています。その特徴と症状をよく知って、アルコール依存症にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

アルコール依存症とは?

アルコール依存症とは、アルコールなどの飲酒行動を自分でコントロールくすることができず、飲酒行動をやめられなくなってしまうことをいいます。

この間までは飲酒がやめられないのは、本人の意思が弱いということで片付けられてきました。この間までは安静アルコール中毒と呼ばれていました。今では自分の意思ではどうにもすることができず、疾患としての意味が強まり、アルコール依存症という病名に変化しました。

アルコール依存症の原因は、様々なものが考えられます。特に精神的なストレスやPTSDなどの精神疾患が大きな原因と呼ばれています。本人の意思が弱いから、と片付けるのではなく、どのような精神的な悩みを持っているのか、専門家とともに探ることが大事です。

アルコール依存症は本人の意思が弱いから、だらしがないから、という簡単な理由では済まされないものになってきました。 アルコールは手に入りやすく、日本国内では誰でもアルコール依存症になりうる状況が出来上がっているので、アルコール依存症の原因をよく知ることが大事です。

アルコール依存症の症状は?

アルコール依存症の症状としては、飲酒は止められなくなることです。昼間起きているときはお酒が欲しくなり、ついついお酒を飲んでしまいます。どんどん飲酒量が増えた結果、体を壊したり、記憶がなくなったりするということもあります。

アルコール依存症で飲酒量が大量に増えることで記憶障害も起こります。飲酒した時の事を覚えていないのが普通です。周囲の人に暴力を振るってしまったり、暴言を吐いたり、嫌がらせをしてしまうケースもあります。本人が全く記憶がないので厄介です。

その他には大量の飲酒によって、内臓を壊してしまうケースが多いです。アルコールの飲みすぎによって、胃や肝臓が悪くなり、外科的治療が必要となることもあります。

その他に離脱症状があります。お酒を飲み続けなければ不快感が残り、さらなる飲酒行為につながってしまいます。

アルコール依存症の治療法や対処法は?

アルコール依存症の治療法は、専門家に任せるしか方法はありません。自力でお酒を飲まないように気をつけようと思っても、離脱症状によってなかなかやめられないのが通常です。お酒をやめようと思っているのにやめられないと、自責の念にとらわれてしまうこともあります。

アルコール依存症を治療している病院に入院して、専門家の指示に従って治療するのがベストの方法だといえます。 もちろん専門家だけでなく、家族など身近な人のサポートも重要です。

アルコール依存症は、自分の意思で止められるものではありません。アルコール依存症は疾患で、精神的な部分に問題があります。本人でも気がつかないような精神的な部分に踏み込んでいかなければ、アルコール依存症は治ることはありません。

アルコール依存症って意志が弱いんでちょっという時代ではなくなりました。精神的な見えない部分に問題を抱える人も多いです。そんな人が陥りやすいアルコール依存症。簡単なものと考えないで、そのメカニズムをよく知ることが大事です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状