気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


胃下垂ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

胃下垂ってどんな症状?特徴は?

現代人の多くは悩んでいる胃下垂。多くの人が悩んでいて、どうにかして治したいと思っている人も多いです。その原因と治療法をして、胃下垂を治し、快適な毎日を過ごしていきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

胃下垂とは?

胃下垂とは通常の位置よりも胃袋が下がっている状態のことをいいます。症状がひどい場合には、胃袋の一戸その辺りまで下がることもあります。胃袋の上の部分が正常な位置にあるにもかかわらず、胃袋の下部が下に伸びているケースを胃下垂に当てはまります。

その原因はいくつか指摘されています。まず一つ目は筋肉の低下です。運動不足がたたったり、体調不良が続くと筋肉量が低下してしまいます。その結果、胃袋を正常な位置に収めることができずに、胃袋がどんどん下がってしまいます。

その他にも、精神的なストレスが原因だと言われています。精神的なストレスが直接、影響をおよぼしたり、精神的なストレスによって暴飲暴食、対応の飲酒などで胃下垂になってしまうケースもあります。お腹の手術や出産をした人にも、胃下垂の症状を示す人がいます。

胃下垂の症状は?

胃下垂の症状としては、胃袋が苦しいという膨満感があります。胸の辺りがとても苦しくて、食事をする気も起こりません。少し食事を取っただけですぐにお腹がいっぱいになってしまったり、ひどい時には吐き気を催したりしてしまいます。

食後に胃袋が痛くなったり、げっぷの出る回数が多くなってします。その症状は胃袋にとどまりません。便通が悪くなったり、便秘になったりしやすくなります。

目に見える症状としては、おなかがぽっこり出てしまうといった症状もあります。おなかが出てしまったからといって、ダイエットするのは逆効果。食事制限をしても、胃下垂の場合は、ウエストが細くなったり、お腹がへこむわけではありませんので注意してください。

症状が軽いものが多いので、検査を受けるまで気がつかなかったという方も多いです。定期的に健康診断を受けて、胃に不調を感じた場合には、胃下垂を疑いましょう。

胃下垂の治療法や対処法は?

治療法としては、普段から運動することが挙げられます。筋肉量を増やすことができれば、胃袋上の位置に収めておく力がつきます。そのため、ウォーキングなどの軽い全身運動したり、腹筋運動したりするのも効果的だといわれています。 これならお金がかかりませんよね。

胃下垂を治すことによって、ぽっこりしたお腹が解消できます。見た目がよくなって、自分に自信もつきます

その他には暴飲暴食をやめて、適度な食事量を保つことです。余計なお菓子や、食べないようにするのが大事です。食べるのが3食の食事だけで、食べすぎることのないようにしましょう。

その他には精神的なストレスの解消も大事です。精神的にストレスがたまってくると、ストレス解消に食事を食べすぎることが多いです。ストレスをためすぎないようにして、普段から発散するように心がけましょう。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状