気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


てんかんってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

てんかんってどんな症状?特徴は?

最近何かと話題になっているてんかんという病気。不明確な部分が多く、社会的にあまり知られていません。てんかんという病気の特徴をよく知って、症状が現れた場合にどのようにすればいいのか、知っておきましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

てんかんとは?

てんかんは脳に発作を起こす病気です。脳はニューロンと呼ばれる神経細胞で構成されています。この神経細胞に電気信号が流れることによって、人は物事を考えることができたり、映像や記憶を思い浮かべることができるのです。

この神経細胞に、大量の電気が流れすぎてしまうのがてんかんという病気です。脳に大量の電気信号が流れた結果、手足がけいれんしたり、中には気を失ってしまう人もいます。 一定の発作を繰り返し起こすのが特徴と言われています。

原因は生まれつきの病としかわかっていません。遺伝的な原因がかなりのウェイトを占めると言われています。その他に反応に傷を負った場合などが原因として挙げられています。現代の医学でもはっきりと原因がわかっていないのが現実です。

てんかんの発作を起こすようなら、早めに病院に行って検査をしてもらいましょう。

てんかんの症状は?

てんかんの症状は発作を起こすことです。具体的な例で言うと手足の一部分が動かなくなってしまう硬直発作や、一時期に気を失ってしまう欠神発作があります。手足が一瞬だけピクっと動くミオクロニー発作などがあります。

これらの発作は、自分の意思に関係なく起こるものです。発作が大きくない場合には、自分で我慢することができますが、気を失ってしまう 発作のように重大な症状の場合には、他人の手を借りなければいけません。友人や知人に救急車を呼んでもらったり、家まで運んでもらったり、ベットに寝かせてもらう必要も出てきます。

てんかんの症状持っている人はいつ発作が起きるのかという不安に悩まされてしまいます。かなり大きなストレスで、好きなこともままならないといったことになってしまいます。他の人に迷惑をかけている罪悪感にも悩まされたり、車の運転をすることもできません。

てんかんの治療法や対処法は?

てんかんを完全に治す治療法はありません。かかる診療科は脳神経外科です。最近では効果的な内服薬も販売されていて、病院で医師の診察を受けることによって処方してもらえます。

てんかんの症状は自分で見抜くのはまず無理です。しかし脳波を測ると、てんかん特有の波形が現れるので、診断することは可能です。

てんかんのよくある発作を起こす場合には早めに病院に行くことが大事です。自分がてんかんであるということ理解できれば、早いうちに内服薬での治療を受けることができたり、発作を起こしたときの対策を取ることができます。

てんかんを完全に治すことはできないので、内服薬で治療を受けながら、定期的に病院に行って診察を受けることが大事です。最近発作の回数が増えてきた、てんかんの症状があったけど更に悪くなってきた、ということもあります。普段から専門医の診断書を受けましょう。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状