気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


インフルエンザってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

インフルエンザってどんな症状?特徴は?

風邪かな?と思っても実はインフルエンザであった、ということがあります。これからの季節、インフルエンザが多くなってきます、今回はインフルエンザの原因と症状と、予防法について調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

インフルエンザとは?

インフルエンザは病名と勘違いされることもありますが、インフルエンザウイルスが体内に入り込むことよって感染してしまうことを指します。

このインフルエンザウイルスは種類があります。

はじめに症状がなくても、急に発症し、かなり思い症状になってしまうのが特徴です。

インフルエンザの流行時期という言葉があるように、このウイルスは咳やくしゃみなどによって他の人にも感染してしまいます。

たとえば、人ごみの中にいったりすると潜在的にインフルエンザウイルスを持っている人たちがいる場合もあります。

特に、ストレスや生活リズムが崩れてしまっているときには体内不ウイルスが入ってしまうと充分にウイルスを排除する身体の機能が低下してしまっているので、ストレスを溜めないこと、栄養と休養をしっかりととることをここをがけるようにしましょう。

インフルエンザの症状は?

症状は、風邪の症状と似ています。

寒気の後に発熱したり、身体がだるくなる、筋肉痛のような痛みが出る、咳・痰が症状として現れます。

しかし、身体の節々が痛くなったり呼吸が苦しくなったり腹痛や下痢などの消化器症状が起こることがあります。

熱も38度以上の高熱がでるのが特徴です。

身体中にウイルスが広がってしまうと、症状が重くなり、咳やをすることで肺や起動粘膜が傷つき肺炎や気管支炎を合併することもあります。

風邪とは違い、全身に症状が現れます。

免疫力の弱い小児や高齢者がインフルエンザにかかってしまうととてもも強いウイルスなので重症化してしまうこともあります。

もし風邪であってもインフルエンザが隠れている場合がありますので、その場合には病院を受診して検査や治療を受けることが大切です。

インフルエンザの治療法や対処法は?

まず、発熱や関節痛が酷い場合には、熱を下げる薬と痛みを和らげる薬を投与します。

咳や痰、くしゃみには咳止めや抗ヒスタミン剤が投与されます。

抗ヒスタミン剤は、体内からヒスタミンという物質が放出されて症状が現れますので、それを抑える役割をしてくれます。

抗インフルエンザウイルスも投与します。

また、インフルエンザウイルスは症状が治まっても身体の中にはウイルスが残っていますので、原則として解熱後2日は自宅で安静にするようにしましょう。

予防をすることがとても大切ですので、手洗いうがいをしっかり行うことが大切です。

インフルエンザウイルスは乾燥には強いので、部屋にいるときは加湿行い、5分でもいいので換気を行いましょう。

マスクをつけて外出をするのもおすすめです。

また、インフルエンザの予防接種は近くのクリニックでも行っていますので重症化する前に受けるのがおすすめです。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状