気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


脳梗塞ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

脳梗塞ってどんな症状?特徴は?

最近よく話題になる脳梗塞という病。脳梗塞になってしまったらどうすればいいのか、ならないようにするにはどのような対策をしたらいいのかを理解することが大事です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

脳梗塞とは?

人間の頭の中には脳があります。この脳には神経細胞が張り巡らされています。それと同時に結果も張り巡らされていて、血液が流れ込むような構造になっています。

脳の中の血管が狭くなって詰まってしまうケースがあります。これを脳梗塞といいます。脳血管が狭くなっているので酸素や栄養分が行き渡らなくなり、脳の働きが悪くなります。脳は体をコントロールしているので、体全体に影響が出てきます。

脳梗塞の原因は動脈硬化と呼ばれています。動脈硬化とは結果が硬くなってしまう病で、年齢によって結果が狭くなったり、生活習慣病などが影響しているといわれています。

脳の血管の中に小さな血液の塊ができることによって、脳の血管が詰まったり、血管に血液が流れにくくなります。脳梗塞にならないように普段から健康的な生活を心がけたいものです。

脳梗塞の症状は?

脳梗塞の症状として片麻痺が挙げられます。体の一方だけが麻痺してしまうケースです。右腕だけが動かなくなったり、左足だけが動かなくなったりする場合です。

その他にも、ろれつが回らなくなる症状もあります。自由にしゃべれなくなってしまって、コミュニケーションが取りにくくなります。その他にも目まいが起こったり、や意識がなくなってしまうケースもあります。

脳梗塞の症状が一時的に起こることもあります。脳梗塞の症状が治まったからといって、病気が治ったという事ではありません。脳梗塞になるということは、脳の血管が詰まりやすい状況にいるということです。

症状が一時的になくなったからといって、安心できません。徐々に脳の血管の流れが悪くなることも多く、年齢とともに悪化するケースも見られますのでご注意を。前ぶれもなく症状が一気に現るケースもあります。

脳梗塞の治療法や対処法は?

脳梗塞の治療には、専門医の診断と専門病院での治療が必要です。いきなり症状が出て。どの病院に行けばいいのかわからなくなってしまう場合もあるでしょう。その場合には、最寄の病院に診察してもらい、専門病院を紹介してもらうという方法もあります。かなり症状が重いので、自力で解決するというものではありません。

脳梗塞の場合には脳にむくみが生じているので、利尿剤の投与という方法があります。脳梗塞の場合に数時間が経過した場合には、脳血管の中にある血栓を溶かすためのTPAやウロキナーゼなどを投与することもあります。脳の血管が細くなっていることが原因なので、薬剤を使って脳の血管を広げるというのが基本的な治療法です。

症状は安定してから、リハビリテーションをしながら普段の生活ができるようにトレーニングしていかなければいけません。脳梗塞の症状はとても重いものですから、治療後も家族のサポートを受けることが大事です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状