気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


狭心症ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

狭心症ってどんな症状?特徴は?

狭心症という病気を聞いたことありますか。心臓の病気で誰でもかかる可能性があります。生活習慣なども大きく影響してきます。普段から健康的な生活をして、症状が現れたときには冷静に対処することが大事です。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

狭心症とは?

心臓の周りには、冠のように取り巻いている血管があります。これを冠状動脈といいます。この感情とは逆に血液が正常に流れなくなった状態を、狭心症といいます。

心臓の周辺には心筋という筋肉があり、狭心症になってしまうと血液が心筋に流れにくくなります。その結果、胸に強い痛みを感じるようになります。

狭心症の原因は冠状動脈に流れる血液が不十分なことが原因と言われています。どうして冠状静脈の血液が十分に流れていなかいのかというと、様々な原因が提唱されています。

その中で最も有力なものは、生活習慣病です。結果の壁が厚くなってしまって血流が流れにくくなったり、運動不足などで、血液の流れが悪くなったりすることが、その原因と言われています。

普段から狭心症にならないように、健康的な生活をしていかなければいけません。

狭心症の症状は?

狭心症の症状は様々なものがあります。

まず一つ目が胸が苦しくなること。胸が圧迫されたような感じになって、普段から息苦しい感じがしてきます。特に運動したり興奮したりすると、さらに、胸の圧迫感が強くなるので注意が必要です。

症状が重くなったりひどくなったりする場合、息切れがしたり呼吸困難に陥ることもあります。

胸の痛みがひどくなった結果、日常生活に異常きたしやすくなります。すぐに疲れやすくなったり、寝ている時間も多くなったりしてしまいます。これでさらに、体の筋肉が悪くなり、血液の流れが悪くなるので、さらに、狭心症悪化させるおそれも出てきます。

また急に痛くなるわけではないが、痛くなる回数が増えてくることもあります。これは不安定狭心症と呼ばれています。普段から胸が痛くなってきたという場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

狭心症の治療法や対処法は?

狭心症の治療としては、心臓の血管を拡張する方法があります。ニトログリセリンを利用して、血液の流れをスムーズにしたりする治療法があります。

バルーンやカテーテルを入れて、細くなっている血管を広げる治療法もあります。狭い結果が正常な広さに戻った結果、血液を流れがスムーズになります。この場合は、入院と手術が必要です。医療機関を受診して医師の診察を受けましょう。

これらの治療法でうまくいかなければ、開胸手術という方法が出てきます。狭くなった結果に他の結果をつなげてバイパスする心臓血管バイパス手術というものがあります。医師によって技量の差が出てきますので、よくリサーチすることが大事です。

もちろん血管が狭くなったり、心筋が弱くならないように普段から体を動かして、健康的な生活をすることも大事です。バランスもよく撮れた食習慣を継続することで、狭心症を予防することも十分可能です。

狭心症にならないように予防すること、なってしまったら適切な治療を医療機関で受けることが大事です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状