気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


低血圧ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

低血圧ってどんな症状?特徴は?

低血圧をご存知でしょうか。高血圧なら健康に問題が多いのですが、意外に低血圧は知られていません。低血圧の症状や仕組みを知り、健康な生活を心がけましょう。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

低血圧とは?

低血圧とは、一般的に標準とされる血圧の値を下回る状態のことをいいます。高血圧症は、一般的には130mmHg以上の場合のことを指します。低血圧には、はっきりとした診断基準はないのですが、100mmHg以下の場合には、低血圧症と診断されます。

血圧が高すぎる人は、動脈硬化などで血管が狭くなってしまったり、血液が流れにくくなっている人が多いので、体の弱い子高齢者によく見られます。年齢につれて血圧の値は上がっていきます。

血圧が低いのは一般的はよいことのようにみえますが、あまりにも低すぎる場合には低血圧症として疾患の一つとして認められています。原因はよく分かっておらず、年齢による衰弱や、甲状腺機能の低下がいわれています。普段から健康的な生活をして、体を強く保ちたいものです。

低血圧の症状は?

低血圧の症状として有名なのは立ちくらみです。人間の精神活動をコントロールしているのが脳です。脳には大量の血液が流れ込まなければいけません。低血圧症の人は脳に血流が流れない状況になっています。その結果、立ちくらみなど、意識障害を起こしてしまいます

よくある症状として、普段の生活の中であげられるのが、朝起きるのがつらいことです。これも血流の流れが頭に行かないので、どうしても起きるのが億劫になってしまいます。横になっているときは、血液が頭に流れ込むのでいいのですが、体を起こしてしまうと急に血液が頭に回らなくなってしまいます。

その他にも目まいを起こしやすくなってしまって、目の前が真っ暗になるという症状も出てきます。何をするにもだるくなったりするので、低血圧を放っておくとQOLがとても低い状況になってしまいます。

低血圧の治療法や対処法は?

低血圧の治療方法としてこれといったものはありません。血圧が100mmHg以下としても症状がなければ治療する必要はありません。

普段から低血圧の症状を感じる人は、生活習慣を改めるしか方法はないでしょう。血液の流れが悪いのは、心臓が弱かったり、血液の流れをスムーズにしてくれる筋肉の働きが悪いからです。

普段から軽い運動を心がけることで、血圧は上がります。激しい運動は控えたほうが好ましいのですが、軽い運動は血圧に好影響を与えます。

その他にも自律神経が乱れているケースがあるので、エアコンなどを使いすぎないようにすることが大事です。自律神経の働きを正常に保つことで、低血圧が改善されるケースもあります。

普段からある程度、体を健康にしておくことは低血圧症の予防や治療につながっていきます。たかが低血圧と侮っていないで、普段の生活の中で体を強くしておくことが大事です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状