気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


鼻水ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

鼻水ってどんな症状?特徴は?

鼻水は風邪を引いたり、花粉症でじゅるじゅると出たり身近な症状です。鼻水は止めたいものですが、実は身体を守るためのとても大切な仕組みです。今回は、鼻水の原因とそれに伴う症状、対処法について調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

鼻水とは?

鼻水は、鼻の中にある粘膜から分泌されてできるものです。

鼻は呼吸する入り口なので、外からの菌やウイルス、ほこりなどが身体の中に入らないようにバリアをしなければなりません。

つまり、外から異物が入ってしまわないように、常に鼻の中を清潔にしておく必要があります。

鼻の粘膜から水分が出ることで、異物をキャッチして外へ流すことが、鼻水の役割です。

また、鼻と口はつながっているので、鼻水が体内へ流れ込んでしまった場合には咳を出してできるだけ異物を外に出そうとします。

鼻水は様々な原因によって引き起こされます。

アレルギーではさらさらとした鼻水、風邪などの感染症にかかった場合は黄色~緑色の鼻水が出ます。

鼻水の性質によって原因が分かります。

たとえばインフルエンザの検査は鼻の奥から鼻水をぬぐって診断しますよね。

このように、鼻水は体内に起こっている状態を表す指標にもなります。

鼻水の症状は?

鼻水が出るときは、くしゃみを伴うことが多いです。

それはなぜかというと、鼻水が作られても異物が含まれている鼻水が体外へ排出しなければならないので、くしゃみをすることで異物を外に出すようになります。

原因によって症状が違います。

たとえば、アレルギーが原因であれば目がかゆくなったり熱っぽくなってしまう症状も併発します。

風邪が治りかけているときは、黄色の粘調性の高い鼻水が出ます。

これは体内に入った菌やウイルス、それらと戦って死んでしまった白血球が含まれていますので、膿のような鼻水になります。

特に痰と咳が出て、同じようにばい菌を外に出すようにします。

また、鼻水は鼻だけで作られたものだけではなく、副鼻腔という鼻につながっている場所が炎症を起こしてしまうとそこから膿がつくられ鼻の中へ流れてくる副鼻腔炎であることもあります。

鼻水の治療法や対処法は?

鼻水をなくすためには、まずは原因をはっきりさせることが大切です。

主な原因はアレルギーによるものと風邪などの感染したものがあげられます。

アレルギーによる鼻水は、予防をすることが一番良いそうです。

花粉やほこりが体内に入らないようにマスクや手洗いをして防ぎましょう。

風邪を引いたときには医療機関に受診すると、体内にある菌やウイルスを殺す薬や、鼻水や痰を出しやすくする作用のある薬を処方してもらうことができます。

出てきた鼻水をすすらずに、しっかりかんでばい菌を外へ出しましょう。

また、部屋が乾燥していると鼻の粘膜が乾燥して鼻水が出にくくなってしまいます。

適度な湿度を保って、鼻水を出しやすくする環境を作ることも大事です。

鼻水をかむときに強くかんでしまうと鼻の粘膜が傷つきそこからまた炎症が起こってしまう場合もあるので気をつけましょう。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状