気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


飛蚊症ってどんな症状?特徴は?

      2016/03/04

飛蚊症ってどんな症状?特徴は?

飛蚊症という症状があることをご存知でしょうか? 飛蚊症が目に起こる症状とすぐに分かる人は少ないでしょう。 飛蚊症とは?症状・原因・治療法について調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

飛蚊症とは?

目の前で蚊が飛んでいるように見えることから、飛蚊症と呼ばれています。
角膜が傷ついたとか、ゴミが目についているとかではなく、眼球の中身でもある硝子体いう透明な部分ににごりが生じて起こります。
硝子体とは眼球の丸みを保つために必要な組織のことです。
浮遊物は、黒、灰色、透明でゴマ状や糸くず状、虫状、カエルの卵状、タバコの煙状など見え方はさまざまで、白い壁や青空などを見ているときに起こりやすいです。
加齢によって起こる生理的なものが多いです。
しかし重大な目の病気の兆候としてあらわれることもあります。
糖尿病や高血圧で眼底出血が出た場合や、網膜裂孔で血管が破れる硝子体出血が起こった場合にも飛蚊症はみられます。
出血がひどい場合は硝子体切除術が行われます。
生まれつき硝子体がにごっている先天性のものもあり、普通ならば出生のころに澄んでくる硝子体の一部が透明になりきれなかったものです。

飛蚊症の症状は?

目の中に小さな糸くずや蚊のようなものが、ふわふわ浮いて見える症状です。
痛みはありません。
痛みがないので病気ではなく老化現象として現れる生理的飛蚊症です。
この症状は45歳以上から見られ始めます。
しかし強度近視や打撲などで若い人にも起こることがあります。
強度の近視の人の場合は20歳代くらいの若いうちに起こります。
糸くずと同時に光がチラチラと見える時があります。
光が見えるのは、光視症という症状で暗いところで目を動かしたときに起こります。
これは硝子体が剥離して、その膜が網膜をこすって刺激するために、光を感じるのです。
飛蚊症も光視症も、多くは加齢などが原因の後部硝子体剥離で起こります。
これはゼリー状の硝子体が老化で液化するため、繊維質が一部カスとなってユラユラ浮遊するのです。
多くの場合、とくに心配する必要はありません。

飛蚊症の治療法や対処法は?

糸くずが急に増えて見えたとき、糸くずの影が一気に増えるような場合は網膜剥離や眼底出血、またその他の病気も疑われます。
網膜が裂けて孔が開くと、硝子体がにごり飛蚊症になります。
網膜裂孔から網膜剥離が起こると、視野が急に狭くなったり、目が見えなくなることもあります。
若年層では剥離の進行も遅いのですが、高齢者の場合は進行が早いうえ
細かい剥離がたくさん起こることが多いようです。

注意が必要な飛蚊症では硝子体内に炎症細胞が増えるぶどう膜炎があります。
症状が悪化すると、濁りがひどくなり、ものを見るのも困難になります。
ぶどう膜炎は重症に陥りやすい目の病気です。
治療は副腎皮質ステロイド薬の点眼薬で炎症を抑えます。
原因の病気が分かっているときは感染防止の抗菌剤、抗ウイルス剤、免疫抑制剤など用いられます。

糖尿病や高血圧などで眼底出血を起こした場合や、網膜裂肛で血管が破れてしまい、硝子体出血を起こした場合にも飛蚊症が見られます。
治療は、まず原因の疾患から行い、安静と止血剤等で出血を抑えて吸収させます。
出血がひどい場合は硝子体切除術が行われます。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状