気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


不安神経症ってなに?診断基準と原因、克服するには?

      2015/12/10

不安神経症ってなに?診断基準と原因、克服するには?

不安神経症という症状があります。 この症状の特徴は理由もないのに、漠然とした恐れや不安が長期間おさまらない状態になります。 今回は、不安神経症について調べました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

不安神経症とは?また診断基準は?

不安神経症についてとその診断基準を紹介します。この病気の特徴は不安がメイン症状として現れる神経症で不安神経症と呼ばれます。 不安という感情は漠然とした恐れは誰でも感じるモノですが、理由がないにも関わらず不安を感じ、理由が存在してもその理由と釣り合いが取れない強い感情であったりします。そしてその不安が長期的に続くといった病的な症状です。不安神経症の場合はさらに不安が身体的な症状となって出てきます。さらに国際疾病分類においては「神経症」といった言葉が正式な診断名として使用されることはなく、これまでの不安神経症という病気に対しては「パニック障害」もしくは「全般性不安障害」といった言葉を使用します。
診断基準を分かりやすく紹介します。

  1. 不安を感じる日の方が感じない日より多い
  2. 不安をコントロールすることが出来ない
  3. 落ち着きがない、疲労が溜まる、集中力を失う、イライラする、緊張する、不眠

といった症状の内の3つが現れている日の方が多く、一般の人が不安を感じても原因が解消されれば不安を感じなくなります。ですが全般性不安は数年間に渡り継続するケースがおおいにわたって不安がある日の方が多いことになります。

不安神経症の原因は?

不安神経症の原因について説明します。全般性不安障害はGADとも表記され精神障害の1つに含まれます。原因としては心理的なモノと身体的なモノ、さらには社会的なモノが密接に関わり発症すると考えられています。多いケースが精神的なダメージを受けて悩み、不安を感じる、ストレスといった心理的な要因が原因であるケースが一般的だと言えますが、全然関係がないケースも存在します。身体的なモノが原因であるケースは過労、睡眠不足、あとは風邪によって免疫力機能が下がっている時に発症しやすくなります。他にも生まれながらの気質も深く関係しているので、神経質で不安症な人は特に注意して下さい。中でお成人期初期に発症率が高く、男性と女性とでは女性の方が発症しやすい傾向があります。成人の3%程が経験する病気だからさほど珍しいモノではありません。

不安神経症を克服する方法は?

不安神経症を治す方法を説明します。不安神経症を直す為にはまず自分自身が病気を「意識」し「認識」する必要があります。冷静に対応することが大切で、最も重要な点は予期不安をコントロールすることだと言えます。毎日の生活する中で不安、恐怖と直面した時にその感情に勝つ為にはマイナス思考に囚われないことがポイントです。感情をきちんとコントロールして逃げたいといった考え方や逃げるといった行動を取ることを行わないようにして下さい。不安になる必要はありません。あなたは絶対に出来るので成り行きに任せて下さい。物事はなるようにしかなりません。何一つ問題や異常は起こることはないのです。不安になる事はないのです。周囲を見渡してください。誰もそんな事を思ってないのです。そんな風に思考回路を作り習慣にすることが出来れば前向きな考え方を手に入れることが出来ます。プラス思考で前向きで明るくなることで不安神経症を改善することが可能です。

まずは免疫力から

健康な身体を作るには、体内の免疫力が必要です。
乳酸菌生産物質「ピュアラクトEX」をお試しください!

 - 症状