気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


高血圧の方必見!高血圧の原因や血圧下げる飲み物とは!?

   

高血圧の方必見!高血圧の原因や血圧下げる飲み物とは!?

最近は、トクホなど血圧に関する商品が発売されていますが、 実際に血圧が高くなるとどんなことが起きるのでしょうか? また、血圧を下げる飲み物などもまとめてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

高血圧だとどうなるの?

人間の血圧は身体が激しく動いていない時、これを「安静時」と言いますがこの安静時に測定します。血圧の数値は最高で130mmHg、または最低で85mmHgが正常であり、これよりも高い血圧の状態になると「高血圧」と呼ばれる状態となります。高血圧状態となる具体的な血圧の数値は安静時に最高で140mmHg以上,または最低で90mmHgです。この「高血圧状態」になると特に心臓の血管の内壁に常に強い圧力がかかり危険な状態となります。放置していると「動脈硬化」や「心臓病」、「脳卒中」になってしまうリスクが非常に高まる恐ろしい病気でありながら、現在でも高血圧の原因はハッキリとしておりません。さらに恐ろしい点として、「最近体の調子が悪いなぁ」等の自覚症状が無いという事です。高血圧である事を知るには定期的な健康診断で早期発見し、早めに治療を受けましょう。

高血圧になる原因って?

高血圧には2種類あり、1つは「一次性高血圧」、もう1つは「二次性高血圧」と何が違うのかやや分かりにくくなっております。

まず「一次性高血圧」は、別名:本態性高血圧とやや難しい表現で呼ばれることもあります。
「一次性高血圧」の特徴は身体には不調がないのに血圧が高くなる症状が出ます。
高血圧の患者さん全体で言えば9割の方がこの一次性高血圧による高血圧になっています。

残りの1割の患者さんが「二次性高血圧」である事が多いです。この「二次性高血圧」は腎臓病、ホルモン異常といった病気による高血圧です。
しかし、病気が治れば正常な血圧値になるため、高血圧も合わせて治ります。

以上から病気によって高血圧になる「二次性高血圧」よりも原因不明の「一次性高血圧」の患者さんが圧倒的に多いのです。
しかも原因がわからず不調な症状も無いため非常に厄介ですが、世界規模でおこなわれた医療調査によれば塩分のきつい食べ物を良く食べる人ほど血圧が高いという傾向が分かりました。よって、「一次性高血圧」は塩分の取りすぎが原因という説が有力です。

血圧を下げる飲み物とは!

~牛乳~

牛乳にはご存知「カルシウム」が含まれています。
体のカルシウムが不足するとそれを補うために骨からカルシウムが溶け出します。
するとその一部が血管に取り込まれてしまい、血管の筋肉が収縮して高血圧の原因になります。
目安としては200mlを一日に摂取しましょう。

~オレンジジュース~

何とオレンジジュースに血圧を下げる効果があるのです。
その理由としてカリウムが含まれており、ナトリウムを追い出し血圧が下がる作用があります。
ただし、糖分もかなりありますのでこれも200mlを目安にしましょう。

~コーヒー~

コーヒーには逆に血圧を上げるのでは無いのか?というイメージがあります。
しかし、カフェインによって血液がさらさらになる、ポリフェノールで動脈硬化予防にもなるのです。
ただしミルクや砂糖が沢山入っていると別の体調不良になりますのでご注意ください。

また、コンビニではトクホと呼ばれる高血圧予防のお茶がありますが、血圧を下げるといっても過信しすぎて飲みすぎたり、塩分と糖分を控えないと意味がありません。
血圧を下げる飲み物を飲むと同時に、塩分、糖分を減らした食事が高血圧予防なのです。

 - 症状