気になる情報局

「知りたい」欲求を応援するウェブメディア

スポンサー リンク


大人気のコーヒーショップ・スターバックスの秘密とは!?

   

大人気のコーヒーショップ・スターバックスの秘密とは!?

スタバの愛称で親しまれている スターバックス・コーヒーとは一体どんなお店なのか さっとまとめてみました。

スポンサーリンク


  新着記事一覧

そもそもスターバックスって?

1971年にアメリカのシアトルで開業したコーヒーチェーン店。日本には1996年8月に銀座に日本1号店が開業しました。今では47都道府県全てにあり1000店舗以上を有する一大コーヒーチェーン店です。世界に目を向けると60カ国以上に出店し、店舗数も22,000店を超える。世界どこにでもスターバックスがありそうなイメージですが、スターバックスが根付かなかった国もあります。それはイタリアとオーストラリアです。イタリアにはそもそも出店していません。イタリアには個人商店を守る法律や飲食店の深夜営業を禁止する法律もありなかなか外国企業が参入しにくい背景もあるそうです。また、オーストラリアには過去に出店をしたことがありますが、豪州資本に売り渡され実質撤退のようでう。オーストラリアに根付かなかったのは実はオーストラリアはコーヒー大国だからオーストラリアの人々の文化の理解がとっても大切だったのでしょう。とはいえコンセプトストアなど世界各国の情景に合わせた個性的な店舗作りをするなどいろいろ工夫を凝らしています(日本には13のコンセプトストアがあります)

スターバックスのメニューやカロリーは?

スターバックスにはたくさんのドリンクメニューがあります。コーヒーそのものだけではなく、それをアレンジしたもの、コーヒーが苦手な方向けにコーヒー自体が入っていないドリンクや、バリエーションが豊富な氷を砕いてつくるフラペチーノなどもあります。また、ドリンクメニューをオリジナルでアレンジすることも出来ます。チョコレートソースやバニラシロップを追加したり出来ます。またミルクを豆乳に変更したり、カロリーを抑えた無脂肪乳に変更することも出来ます。それぞれの好みの味わいに変更できますが気になることの一つにカロリーが…。画像で見るとクリームやソースたっぷりで甘そうなものも。カロリーがやや心配。正直商品によってカロリーはちがうので一概に全てカロリーが高いとは言い切れません。そして先程紹介したようにアレンジすることもできますので、例えば無脂肪乳に変えたり、ホイップを抜いてもらったりも出来ます。上手に計算してオーダーしてみるのもひとつ!

スターバックスで人気のグッズ・タンブラーやマグカップについて

タンブラーとはグラスの一種です。スターバックスにタンブラーやマグカップを持って行き注文すると20円引きになります。この持参するタンブラーやマグカップはスターバックスのものでなくても良いそうです。ちなみにスターバックスでタンブラーを購入するとドリンク1杯無料券がついてきます。今のところチケット使用期限は無いそうです。(マグカップの購入には無料券はつきません)スターバックスではタンブラーやマグカップなどのグッズもシーズンごとにデザインを変え発売しています。3月頃なら桜をモチーフにしたタンブラーやマグカップ、その他クリスマスやバレンタインなど季節によって様々です。デザインも毎年違います。商品によっては発売当日に売り切れることもあります。好みのデザインに出会ったら早めに確保しておくことがオススメです(過去に先延ばしにしたら手に入らなかったこともありました)

 - 製品・企業